MOLMOL-BLog

こまごま備忘録です。
主に本のこと、猫のこと、音楽のことなど。さぼりぎみです。

一定期間更新がないため広告を表示しています

早々と来年のカレンダー買っちゃいました。
前から気になってた水彩?墨絵?の猫カレンダー。
画家はセルビアのEndre Penovacさん。



チェコやポーランドのの絵本画家さんのなかにも
こんなぼかし画風を得意とする作家さんたちがいて大好きなんだけど、
まんまるで猫らしかったり、モノトーンの使い方がモダンで心惹かれます。
使うのが楽しみ。


黒ねこさん好きにはお薦めです♪

「インクと水彩で描かれたフワフワの猫たち。」猫園で待ってるさんのブログより。

ご無沙汰しています〜。
画像は信州在住のOちゃんが書いてくれた、
「オルガンを弾いてる私」♪ イラストの上手なお嬢さんで、
素敵なノートをつけているのがとても印象的でした。
教会の電子オルガンで発表会の曲をおさらいしていたら、
聴いててもいい?と10分くらいありそうな曲を聴いてくれたのですが、
何を書いてるのかなーと思っていたらプレゼントしてくれて嬉しかったです。
当社比ちょっとほっそりとかいてくれてる・・・?(笑)し。

彼女が、音楽は言葉みたいに感情を音符で語るんだねと言っていたのが
ちょっとわすれられません。
そんなふうにはまだ弾けてないと思うんだけど、目指したいもののひとつだから。

児童館でお仕事してるみたいだったけど元気かな。
そろそろ夏休みもおしまいですね。

私も足の怪我でしばらくオルガン弾けてなかったんだけど、
またぼちぼち再開したいです。
秋の音楽会もなぜか今年は行きたいものがダンゴスケジュールになっちゃってて、
どれに行こうかすっっごく悩んでいます。うれしい悩みなんですけどね♪
大根島は橋をわたるとすぐ隣県の境港。
牡丹見物のあと、鬼太郎ロードでちょこっと遊んできました♪

妖怪オーケストラのレリーフ


街のメインストリート。目玉のオヤジからスタートです。



かなり妖怪で盛り上がってる通りで、
どのお店にも妖怪グッズがあふれていますし、ファンの集いもありそうです。
商店街では妖怪スタンプラリーも。専用の本(120円)には妖怪の解説もくわしいです。
専門店や、妖怪神社もあるし、妖怪ポストでは風景印ももらえます。
私もちょこっと出してみました。(消印は連休明けと聞いたので令和印になりそう)

JR境港駅には原稿中の水木先生のブロンズも。


駅の待合などもなんだかドクトクの雰囲気です。

ホテルの前で足湯(温泉♪)に漬かって帰りました。
もっとゆっくり来たいですーーー。


大根島でいただいてきた牡丹の八千代椿。

令和のお祝いを申し上げます。
タモリさんが、「本で言うなら西暦はページ、元号は日本だけの"章"」
と言ったというのをネットニュースで見てふむふむーと唸っています。
あたらしい章のはじまり。いい時代にしないといけませんよね。

先日松江でいただいてきた牡丹が(すでに咲きかけていたから)満開です。
すごーーく豪華。花王っていうのよくわかります。


8割がた開いてるのは半額というので思いきって3鉢。
牡丹色は島大臣、深紅のは烏ヶ仙。白色牡丹は今回ちょっといい株と出会えなかったです。

花期が短いので名残惜しくて家の中で観賞していたら猫もやってきました・・・。

ランちゃんどこかなー。

希少品種コンテストに出品されていた"玉芙蓉"

松江の宍道湖に浮かぶ大根島で牡丹を観てきました♪
火山でできた大根島は花栽培で知られていて、特に牡丹は日本一。
一年中牡丹が観られる由志園をはじめ、島中で牡丹が育てられています。
広島の県北に住んでいた祖母のもとには行商の女性がよく訪ねてきていたのだそう。


パープルを効かせた室内アレンジメント。


緑のきもちいい、すてきな庭園でモミジも多いし、季節季節に訪れたくなりました。
GW中はハイシーズン。お庭の池に牡丹の花が浮かびます。
今年は紅白で令和なんだって(!)見たいようなそうでもないような・・・。
最終日にはおめでたい人気の黄色の牡丹・黄冠が浮かぶ予定とのこと。



まだ令和婚ではないのですが、写真撮りしているカップルさんがいたのでつい・・・。
丁度雨も上がって良かったです♪
小田 菜摘
集英社
(2019-03-20)
コメント:后がねとして育てられた左大臣家の姫・伊子。お相手の東宮が結婚前に亡くなってしまい、婚期を逃しはや32歳。が、突然また入内のお話が。こんどの帝は自分の半分の年齢・・・。断るために出かけた先で、伊子が再会したのは十年前に別れた恋人、嵩那だった。帝の希望で尚侍として後宮に入ることになった伊子に、謎の人物から脅迫文が届く―

久しぶりに平安ラノベ。楽しかったです。
最近読んでるラノベは『薬屋のひとりごと』とか中華系が多いのと
和物はちょっとタンビすぎてはずれを引いてしまったので
元気な女子(?)が出てくるのは、ほっこりして良いです・・・♪
一話完結ですが、続きそうですね―。