MOLMOL-BLog

こまごま備忘録です。
主に本のこと、猫のこと、音楽のことなど。さぼりぎみです。

一定期間更新がないため広告を表示しています

パソコンでは(トランプくらいで)あんまりゲームしていなかったのですが
ふとした時から突然始めたタワーディフェンスゲーム。
とある国の生き残りの王子様が女の子を集めながら魔界の生物と戦う内容??
一応18禁なので(一般版もあり)すべての女子は王子のものというびっくり設定ですが
けっこう楽しいです。むしろエロ設定はおまけみたいなノリの不思議なゲーム。
課金していないのでどの程度楽しめるのかはナゾでしたが
とりあえず一か月続いています。
初めてのソーシャルゲーム。いつまで続くかなー。
(DMMでは同時に3つくらい始めたのですがあとの2つはどうにも駄目で脱落です)


数日前の布陣。しょぼいですよ・・・。
猫魔女がいっぱいでてきたので記念写真してみました。
雑音だらけの世界で、
あらゆるメディアはせわしなく、人を受動的にさせるパワーに充ちていて
思考はすぐに停止してしまいます。
考えるのをやめてしまった人たち―
アーレントはこれを悪の凡庸さと説きます。

ホロコーストの話だと限ってしまうとぴんときませんが、
私の些細な日常でも、
「命令だから」書類にサインして
「命令だから」小さな疑問も飲み込んで
いつのまにか、全体としてとんでもない方向に向かっているということは
全く他人事ではないわけです。


アーレントの「全体主義の起源」はとても難解な本。
ひろく親しまれているとはいえないものです。
でも、世界が全体主義をおもわせるような不気味な色をみせている今、
彼女の思想は注目を集めています。

アーレントの人生は波乱にみちたものですが、
この映画の物語は彼女がNYの大学で教鞭をとりながら、アイヒマンの裁判の記事を執筆していた
一時期に絞って描かれたものですが
それがとても良かったんじゃないかなと思いました。
私のように大学の授業などでちょっと彼女の哲学の糸口にふれただけ、というような人にとっても
入り込みやすかったです。

元革命家だったというご主人との深い絆の描き方もとても良かった♪
実際すごいおしどり夫婦だったらしくて素敵でした〜。


「死後もネットをただよう故人情報」ニュースより

うう〜ブルブル。
ネットの情報は
消えてくれない・忘れてくれないというのが
わたくしどうも恐ろしくて、
言葉がひとりあるき、一気に拡散、ふくろだたき…と
恐ろしくて仕方ありません。うかつなことなど書けませぬ。
犯罪者にとっても生きにくい時代だなあと思います。
私も恐れおののいて、結局こんな毒にも薬にもならないメモリーブログを延々書いているのです。

どうでもいい片隅サイトですが、なるべく
悪口いわない愚痴いわないあんまり私生活を露出狂しない(アピールできるものもないのですが)
というのは当初からの一応のルールで、お蔭様で引っ越しもせず長く続けてます。
放置時期も長いのですがひっそりしてるせいか荒れることもなく、
皆さま本当にありがとうございます。
もちょっといろいろ書きたいときもあるのですが、
気持ちって・・・変わるんですよね。
過去の記事とかいちいちチェックできないしこまったものです。

先日なにかでみたら、
日本の女性が靴を買うのは年間で平均3.6足、
英国では8足
最高は香港の女性で、うろ覚えですがたしか16足・・・。
これは、高温多湿、多雨の天候条件が靴に災いして
あまり長持ちをしないのもあるのだそうです。
そもそも女性の靴はほとんどがセメンティッド製法(のりづけ)で、
男性の靴のようにソールを縫ってあるものがほとんど無いですよね。
ちなみに極端に暑い国に行くときにはゴムものりも溶けてしまうので
底まで革できちんと縫った靴とか、現地の人とあわせて編みサンダルとかが
いいときいたことがあるような・・・。


私は、今年になってからは、定番の黒いくつと
何年かぶりに買うスニーカーと…たぶんそんだけです。
この夏はサンダルが本当に欲しかったのだけど、
「便所サンダルはイヤ」とかなんとか言っていたら本当に買いそびれてしまいました。
何足かヒールローファーなどがインソールなどぼろぼろで、
お盆もあけたからそろそろ修理入院から帰ってくるはずです。
いまちょっとはくものがない・・・。
今年の秋は買う気まんまんですよーわーい
広島の快足屋さんで紹介してもらった、
"フィールフルトゥ"というコンフォート系のメーカーさんがとても気になっています。
首尾よくいったら3足目? そうしたらみなさんに追いつけますか??

ところで冒頭の統計、靴の国・英国の婦人靴の買い物は、個人的にはびっくりです。
そんなに駄目になるのかなあ・・・?? いいものならお直しもできるのに。
それともファッション的な理由なの?
テレビで見たエリザベス女王は、甲の出たデザインの少しヒールのある靴をはいていて
とてもきれいでした。
オルガンシューズで
できたらこんなことをやりたいんだよね・・・
嘘だけど




足でトルコ行進曲も。


ときどき右の男の人が画面からいなくなるのがおかしい…。
この梅雨季の大掃除でじつはかなり靴を捨てました。
サイズのかなり大きめの私・・・。
以前は、"とりあえず入れば買ってた"みたいな時期もあったから仕方ないし
靴は捨てたことなかったから場所のとりすぎでした。
しかし、やっぱり合わない靴は履かないですもんねー。

そもそも靴ってどうやって選ぶんだろう。。。
自分に合うメーカーを(というか木型を)見つけることができたら楽ですよね。
・・・。
そうもいかないので、せめて足の幅など含め、サイズと足のかたち、
それから合いやすい靴の傾向など把握しておくと良さそうです。

ちなみにみゃーこデータ
★自己申告サイズは26.0 
★スニーカーはパトリックの群れ 40か41(マラソン)
 ヨハンクライフの42がベストフィット(これすごい大事にしてる)
★利用ショップはクイーンズ卑弥呼など。
 お仕事靴はウォーターソールのcamui26.0か、ゆるめのwanonano25.5
★widthは24.0。左はちょっと外反母趾で指があかないのであと2mmくらい小さい
 26.0×このワイズだとD幅になる。靴のサイズ表参照
★指の長さは親指人差し指は同じくらいかな。小指はかなり小さいと思う。


私の場合無頓着だったなあと思うのがこのワイズです。
縦のサイズがまず規格外なのであまり選ぶ余地がなかったのですが、
その中でも幅狭いパンプスや先の尖ったハイヒールは履けないので
幅広の足なんだと思い込んでました。なにせ見た目が大きいですしね・・・。
ただ、甲は間違いなく薄いんですよね。
ミュールは脱げるので履けませんし、浅履きのパンプスやバレエシューズは
もうスポスポです。踵の骨も細いみたいで動いて擦れるのでパンプスはほとんど
踵になにか貼ってます。基本的に骨太のおいらなのに。。涙

足囲と足巾の測り方がサイトなどにもかいてあるのですが
私の場合足囲は24.0cm,足巾は11.0cmくらい。

単純に計算すると、私の足は
地面から1.5cmくらいしか立ちあがっていないことになります。
どんだけ扁平足なんだよって突っ込みたくなりますよね。

靴の研究、けっこう切実な問題なのでもう少し続きます〜。

日本人の足は本当に幅広??>「ポアント&シューズ フィッティング・ルーム」 
みんな困ってるんだなあ(昔の2chから_ワイズ狭めの集団)
最近くつのことばかり考えているのでこんな本も手に取ってしまう。
私は靴のサイズが26センチくらいあるので(ものによっては26.5になったり…)
靴に関しては年中ほんとーーーに困っている。
お金さえあればぜんぶオーダーにしたいくらいなのです。

今ほしいのは、オルガンシューズになるもの。
私の先生であるオルガニストさんは靴に関してはあんまりうるさくないみたいで
自身いろいろ履いてらっしゃるし、普通のパンプスちっくなものを履いていっても
一応弾かせてくれる。
専門のオルガンシューズというのは実はあって、
特徴は・・・私がつかんだところではこんなものかな。
「ラウンドトゥ、(レディースの)ヒールは激太3cm、表はスムース革」で、
専門のシューズだと
「靴底のペダル面と接触する面がヌバックやスエード革」
ここまでくるともう外履きにはならない。まったく違ってくる。
アウトソールの適度な滑りでスムースな演奏をたすけ、
さらに鍵盤にあたるときの雑音を減らすことができるのだとか。
日本では銀座ヨシノヤさんのものなどオルガニスト御用達として有名。
紐で幅の調整ができるのも便利そうだし、けっこう可愛い。
・・しかし私のサイズはないので・・・

靴ジプシーの旅・オルガン編がはじまったのです・・・
目下本当にぴったりの靴がほとんど無い状態で、
普通の靴すらジプシーなのに…(現在進行中)

:::::::::::::::::::::::::::::

ま、それはとりあえず、この本のことを。

内容は大きく分けて5コーナー。
1では10人十色の靴にこだわりをもつ人(クリエイターさんたち)のストーリィ
2では靴選びのセオリーとヒントを
3では靴のメンテナンスやリペア、そもそもの靴にやさしい履き方からレクチュア
4では冷えむくみ予防と運動ツボ押し。
5では足のトラブル、フット・ケアーに関して。
 爪の切り方とかすねげの処理の話とか?バラエティ富みすぎ。


なかなか靴を探しにくい私はもちろん靴は大事にしてるつもりで
クリームと防水の手入れはしてるし、裏ゴムはけっこうまめに替えてもらっている。
でも、この本の靴にまつわるストーリーなどみていると、
私ほんとに大事にしてるのかな…なんて思えてくる。

消耗品じゃなくて相棒みたいな、そんな靴いいよね。

The Inspiration of Saint Matthew Contarelli Chapel, San Luigi dei Francesi, Rome1602

天使が降りてくるようなこの構図・どうしても私は受胎告知をおもってしまうのですが、
この絵はさすがに違うよね。
マタイ「ええっ!!?このわしが??」
・・・。
・・・すみません。
天使の指のサイン、なにを示しているのでしょうか。


この絵は大変にこころ惹かれる作品。(ローマの教会の祭壇画の一枚です)
じつは教会が受け取り拒否をしたために描き直されたバージョンなのだそうです。
前のバージョンはというと、
ベルリンにあって、WW仰掌紊冒咾錣譴討靴泙い泙靴拭
白黒写真の残るその旧バージョン、どんな色だったのかとますます想像をかきたてられます。
その天使の姿はいままでに見たなかでいちばんに官能的。甘美にしてミステリアスなのです。
聖マタイの姿が粗野なので受け取りを拒否されたと聞くけれど、
(確かに↑の画のマタイはかなり聖人らしくなりました)
魅惑的すぎる天使も問題になったんじゃないのかなと勘ぐってみたりする・・・。

超短期ですが、ローマに行くことになりました。
地図がさっぱり頭にはいりません。
ぼーっとしてスリにあわないように気をつけます。
カラヴァッジョの絵にもたくさん出会えますように。
 水脈
     谷川俊太郎

 逆らえぬ感情には従うがいい
 それが束の間のものであろうとも
 手をとらずにいられぬときには手をとり
 目の前のひとの目の中に覗くがいい
 哀しみと呼ぶことで一層深まるひとつの謎
 生れ落ちてからこのかたの日々のしこり
 そのひとしか憶えていない黄昏の一刻の
 闇に溶けこむ暗がりにうつるあなた自身を
 一人がひとりでしかありえぬとしても
 私たちの間にはふるえる網が張りめぐらされていて
 魂はとらわれてもがく哀れな蝶
 だからときとしてみつめあうしかないのだが
 どんな行動も封じられているその瞬間に
 かえって私たちは自由ではないのか
 慰めの言葉ひとつ浮かんでこないからこそ
 心はもっとも深い水脈へと流れこみ
 いつか見知らぬ野に開く花の色に染まって
 大気のぬくもりと溶けあうだろう

           〜詩集『手紙』より〜
風邪がなかなかすっきりなおらないので参ってます。
鼻をこじらせると大変なので耳鼻科に行ったりするんだけど、
ジスロマック(3日のんだら7日きき続ける抗生物質)もらうの二回目だよ。いいのかな?

さて。わたし自身はあまりつぶやくこともない生活で、
ツイッターもやってないのですが
今回こんな未曾有の災害のなかで
ふつうのひとはどんな考えを持っているのか
ということがとても気になるようになりました。

日ごろあまりにも何も考えてないのを反省して
最近思うことを少しまとめました…まとまらないので乱文です。


天災のまえではひとの無力感を感じます。
でも日ごろの避難訓練、危機意識、そして柔軟な発想で
震災から、津波から生き延びた方々に敬意をもちます。
そんな緊急事態のなかでひとをたすけたり、たすけようとしたり、
職務を全うされたたくさんの方にも。
しかしあまりにも大勢のかたが亡くなられてしまいました。
今後の沿岸部の復興、まちづくりには大きな課題がつきつけられています。

いっぽうで原発事故は人災です。
これはもう抜本的な変革を求められていると
素人でも感じます。
もう原発がつくれるとは思いません。どこの住民が望むでしょうか。
将来のための舵をきれるなら、それは今でしかありえません。
未来の子どもたちに、私たちはどのような歴史判断をされるでしょうか。

私も、元どおりの生活で良しとは思えなくなりました。
ひとりひとりが「変わる」ことを求められています。
たとえ元通りにすることが可能であったとしても
犠牲となっている方々にむくいることはできないのです。

この問題に関して、素人が口を出すなというような風潮がありますが
まったく賛同できません。
市民レベルでものを考えることも重要だと思うからです。
苦しむのも生きていくのも私たちなら、
今後の方向性を考えて変えていくことができるのも、
いま生きている私たちだけです。
当事者意識が欠けてはいけないと思います。

市民の前から情報を蓋いつくして何になるでしょうか。
「風評被害」の一言で片付けてしまっていいのでしょうか。
疑心暗鬼になるのは、ひとつには必要な情報の不足のためです。

ただしい情報が絶対に必要です。
それを理解するための"専門家"の手助けももちろん必要です。
素人である私たちにも、
問題意識をもちつづけること、学ぶこと、そして
必要なときに必要な判断をする力が必要です。


先日の選挙にはほんとうにがっかりしました。
選挙活動の自粛は現職候補に有利とはいっても。
無駄な労力使いましたね。現行政治がよかったですか。
それとも入れたい人がいませんでしたでしょうか。

しかしそもそも私の住んでいる広島県には選挙公報がないし(!)、
地方議員候補には政見放送もないし、
盛り上がろうはずもありません。知人…縁故、ハア?って感じです。

後半戦も終盤です。選挙どころではない状況に変わりはありませんが
やるならせめて、有意義な選挙であることを願っています。

ところで、
こちらのブログ記事を読んで唖然としました。や・・やる気のない選挙・・・。
東京都ではこんな状況の立て看板がよくみられたのでしょうか…
Romeo & Juliet [Blu-ray] [Import]
Romeo & Juliet [Blu-ray] [Import] (JUGEMレビュー »)
Mariinsky Ballet,Gergiev
マリインスキーによる本家ラヴロフスキー版のバレエのロミジュリ。古典だけどさすが音楽が自然に入ってきます。ジュリエットにはヴィシニョーワ。
生命力にあふれてて本当可愛いです。