MOLMOL-BLog

こまごま備忘録です。
主に本のこと、猫のこと、音楽のことなど。さぼりぎみです。

一定期間更新がないため広告を表示しています

美味しいもののお話を。
まずは生ハムもりあわせ〜しあわせ。
スペック(speck)という生ハムは燻製してから熟成させる、
トレンティーノ・アルト・アディジェ州が起源の名産なんだそうですー。


もうひとつ。ハムとチーズ盛り合わせ。
いつもパンをたべるお腹の余裕が無かったのですが、
アルト・アディジェ州はパンが名物ってガイドブックにあるのよね。いろいろ食べてみればよかったです。


こちらは牛肉のカルパッチョです。暗くてよく撮れてないけどすご旨でした。
これもまったくの生じゃなくて、くん製にしてあるような感じ。うまみ増してますてれネコ


グヤーシュにポレンタ添え。
グヤーシュというと、ハンガリーのパプリカいっぱいの赤いスープを思いだしますが、
これはパプリカ色ではないのね。お肉みっしりですが赤身ですし案外あっさりと食べれます。
ポレンタはとうもろこしの粉を練った主食。素朴でおいしいけどすごくお腹いっぱいになります〜。


こちらはポレンタ好き・Tさんのお皿。チーズがかけてあるのですが、
ブルーや紫のお花が散らしてあってすごくお洒落。


クネーデル。これはもとはドイツ料理なのかな・・・ジャガイモや小麦粉、パン粉等いろんな材料でつくるお団子のようです。
この3色のクネーデルだんごはそれぞれトウモロコシ、赤カブ、ホウレンソウが練りこまれています。
きれいな色にびっくり。そして美味しかった・・・。
(チェコのもっちりパン、クネードリキや、フランスのお魚入りのクネルもこの親戚らしいですね)
再現して作ってみたいけど、材料の"固くなったフランスパン"てのが案外難しい。
雨の国ジャポンでは、パンは堅くなる前にカビるバイキンですよ・・。ましてや今年のこのお天気。
乾燥してたらいいのだったら、パン粉でやってみようかな〜。
ちなみにクネーデルはデサートにもなるそうで、その場合果物ピューレなどが練り込んであるそう。

ドロミテでの最終日は先生宅でのディナーフォーク
ムニュは、生ハムのルッコラ&チーズ巻きが前菜に、野菜のグリルに豆乳仕立てのバーニャカウダソース、白ワインまるごとの超大人味・ポルチーニ茸のリゾットなど。
びっくりサイズで売っている外国材料でも手早くつくれちゃうMさんはじめ、皆様お料理まで上手でした。
私は役に立たないので別室で猫ちゃんと遊んだり・チェンバロを弾いたり・折り紙教室を開いたり
しておりました。気が付いたら写真がありません(泣!)が本当においしくて。ごちそうさまでしたー。


ちなみにこちら、私の簡単ミラノごはん。
(※しかも例によって食べかけでスマヌ・・・)

read more>>

一昨年作った越後味噌が上手にできたので
今年も仕込んでみることにしました♪
味噌は寒仕込みがいいというけど、雑菌少ないのはもちろん冬ですが
しっかり麹菌が働きだすのは4月以降〜と本↓で読んで
ようやく重い腰が上がりました。昨日納豆食べてないし(そこ大事!)

味噌作りキットは一昨年と同じくももかわさんより。(楽天)
大豆の"あやこがね"。このまま食べてもおいしすぎる。


一昨年と大いに違うのはフープロがあること!
これなら一人で余裕で作れます。
量が量なのでいっぺんには回せないけど、スリコギでぶったたくことを思えば
なんて楽なんでしょう・・・。


一昨年と同じく酒粕でフタをしてみました。
カビのカの字もわかなかったので。
この酒粕、天地返しするときに取り替えることになりますが
魚を漬けたりするのに使えるので無駄にはなりません。
塩とか振るとどうしても塩分濃度がますますあがってしまうので、
私はこの方法気に入っています。



味噌作りのコツは"なるべくのぞかないこと"だそうです。
嫌気発酵だからなあ。

まだ初心者なのでちょっと不安ですが、次あけるのは夏が過ぎたころです。


猫も終始大人しくて、(ずっと寝てた)助かりましたー。ありがとランちゃん。







読んでた漫画で殺人の小道具・・・として出てきた林檎ジャム。
箱買してきたリンゴがそろそろイマイチになってきてるのと、
親戚にいただいた広島レモンが大量にあることもあって
私もぐつぐつと煮込んでみました。

大人味にしてみたかったので、
ワインがほんのちょっぴり残ってたのと(バローロってかいてあるよ…)
ラム酒をほんのり入れてみました。

これからもっと煮込みます。

鍋はBEKAですが、同じとこの銅パンほしいなー(IHにもかかるみたいです)

東村 アキコ
(2016-02-25)
コメント:今ノリノリの東村さんの新作。ミステリー…を期待してはいけませんが、時代錯誤的な探偵に小林助手、謎の美女をはじめキャラクターがとっても生きてます。


浅草にいったときに可愛いおせんべい屋さんを発見。和泉屋さんです。


なかでもダントツ可愛い"のり猫"、なんとモデル猫がいるみたいです。
こ・・・これはっっ!!
思わず、「写真とってもいいですか」と頼みこむ私・・。
食べ物屋さんだから、看板猫ではないんですよーと奥様。
「お名前は、"のりお"とかでしょうか」と勝手に決めこむ私に
「もうちょっとハイカラな名前なんですよ(笑)、サラちゃんです♪」
とのことでした。す・・すみませんー。

今回は田町にお宿でした。もう食べに行くのが面倒だった(遅い)のでホテルごはん&朝ごはんでしたが
(すごい内容…)
のり猫さんも一枚、まぎれこんでいます〜ほっぺ


ドラッグストアで特価になってて買い占めちゃった英pukkaのハーブティです。
(パッカって読むらしい。インドっぽいパッケージがすごく可愛い♥)

ハーブティのほしくなる季節になってきました〜。
寝る前に少しのみたいときなどティーバックすごく便利です。


輸入食材店や外国スーパーで買うのも好きなのですが、
聞いたこともないハーブや、
知ってるはずのものでも聞きなれない名称で呼ばれてることがすごく多くて
なんともわからないことばかり・・・の奥深い薬草の世界。

今回getしたパッカのハーブティは全部にリコリス(甘草)が入ってて
とても甘いです。
聞きなれないのは、ブルーのパッケージnight timeに入ってる
oat flower オーツ麦(からす麦)の花。

オーツ麦にはお菓子やグラノーラなどで知らない間にお世話になっていますが、
花といわれてもぴんとはきません・・・。麦の花なのできっと楚々としたお花。
でも、ヨーロッパなどでは古くから使われてきたハーブで
メンタルサポートを得意とするハーブなのだそう。

閑話休題。

旅のはじまりは大阪から。

天王寺のホテルに荷物を預けて、ハニトーなるもの↓を食して、
それから奈良まで正倉院展に行ってきました。


これが・・・可愛いんですが、食べるのに格闘しなきゃならないものとは思わなかったデス。
結局奈良で何を食べる元気もなくなってしまいましたが・・・。
ああっ・・・シロクマがっ!アワワワ (白熊のなかには夢がつまっています←原文ママ)


汚くてごめんなさい。ナイフ使うの難しいよ。これからヨーロッパ行くのに大丈夫かなしょんぼり

隣りのカップルはすごく綺麗に平らげていたのですごい!
でもサクサクして美味しかったですー。


こんなメニューもあるみたいですよ。
つわものはぜひチャレンジしてみてください。
以前から作ってみたかった味噌を仕込んでみました。
味噌やお酒は寒仕込みがおいしいイメージ。雑菌も少ない季節がチャンスです♪
まったく初めてなので新潟の百川みそさんの味噌キットを購入。越後みそ好き。
仕上がりは4キロの予定です。

フープロ持ってないし、鍋のサイズ的にも自力でつくるにはこのサイズが一杯いっぱいかな。
フープロと大き目の圧力鍋を持っていたらお味噌作りはあまり苦にならずにできると思います。
(クックパッドなど見ても小ロットで気軽に作っているのでうらやましい)
一緒にあわせ買いした味噌(ももかわ)と味噌たまりがおいしすぎる・・・★
出来上がりがとても楽しみです。
煮るのに思った以上に時間がかかりましたが、この大豆すごく美味しかったです。皮うすっ。
つまみ食いしすぎましたわ〜。


写真撮ろうと思ったのに大豆の写真しか無い…

ところで一応暖かい地方なのでカビなどが心配。
味噌種の表面を酒粕で蓋ってみました。(クックパッドなどを参考に)
夏の天地返しまで放っておけるか、覗いてしまうか、悩ましい・・・。

メモ
★前日からの準備
 納豆禁止(漫画の『銀の匙』とかにもありましたが、納豆菌はとても強い菌です。)
 大豆を一晩水に浸けておく
 
★大きな流れ(米味噌のばあい)
 ‖臚Δ鮗僂
 塩きり麹をつくる
 hГ任紳臚Δ鮨揚程度に冷ます
 ぢ臚Δ鬚弔屬靴胴蹐箸泙爾
 ヌA攻未鬚弔る等空気を抜きながら保存容器に詰め込む
 Δ佑せる
  (半年後に天地返し)
  できれば夏越しさせる
 Г任あがり。





 
価格: ¥2,440
ショップ: 百川味噌
コメント:新潟の大豆あやこがね&コシヒカリの米麹でつくる味噌制作キット。大豆を煮ただけでもウマウマなので期待大です☆

たぶん日本人にしたらスパイス使ってるほうだと思う。
旅に行くのが好きでエスニック料理などもすきなので、
お土産にはかなり調味料を所望するけれど、
でもなかなかリピするものって少ないよね。

今のところの定番

・黒胡椒と白胡椒。・・・ふだんは黒なんだけど、餃子やサンラータンには白胡椒。
・クレイジーソルト・・・万能の米国産シーズニングミックス。おいしい♪
・パセリ、タイムとセージ・・・使い過ぎなのでもはやハーブティとして買ったりする
・唐辛子・・・ホールのままと韓国産の粗みじんのもの。
・七味唐辛子・・・かなりの種類のコレクションがあるかも・・・。
 私のリピは善光寺の八幡屋礒五郎と、京風七味はやげん堀×レピスエピスの。
・クミンシードとクローブのパウダー・・・カレーに必須。クローブのホールは黒い虫除けになる
・インディアンカレーパウダー・・・これでなきゃいけないわけではないけど、安くて美味しい。
・カルダモンとジンジャーとシナモン・・・主にお菓子と紅茶用。
・ココアパウダー・・・コーヒーに入れるとカフェモカになる。他にはお菓子やパン、ホットケーキとか。
・エルブ・ド・プロヴァンス・・・最近はまってるけどプロヴァンス風のハーブミックスということで
 とくにブレンドの決まりはないらしい。タイム、バジル、ローズマリーとセイボリーが大概入っている。
 パンの混ぜ込みや、ハーブバター、クッキーなどにいれると美味♪
・ゆず胡椒・・・薬味としてよりも炒め物に使っている。鶏肉や豚肉に。塩気が多いので塩分調整に留意。
・バジルとローズマリー・・・このふたつは庭から摘んでくる。生の方が断然好き
・サフラン・・・パエリアが好きなのでこれは欲しい。ちょっとでいいから。


なかなか定番にならないもの&難しいもの

・グリーンカレーのもと・・・家族受けがわるいので
・ココナツミルクパウダー・・・上に同じく。
・トムヤムクン関係、チリソース・・・上に同じく・・・。
・パプリカ・・・辛くないほう。色はきれいだけど使いすぎるとエグミが出る〜
 グヤーシュ(ハンガリーの真っ赤なスープ)にあこがれるんだけど。
・オールスパイス、ジュニパーベリー・・・デトックスには良さそう。どうやって使うのか。
・にんにくの粗みじんオイル漬け・・・作り置きするけどどうしても冷蔵庫で発酵してしまう
西洋菩提樹の花葉は自分でハーブティーを適当ブレンドするときには必ず入れるお茶。
味がよくなるし、作用もやさしく全体をまとめてくれる気がしている。

実はこのハーブ、名前が難しい。
まず、西洋菩提樹というが日本でいうところの菩提樹とは全然違う。
西洋シナノキともいう。でもシナノキ(地名の信濃の由来とも)とも違う。
ハーブ店ではふつう、リンデンという名前で取り扱われていることが多いだろうか。
ただ、リンデンフラワーとリンデンウッドと部位を分けて売られている。
フラワーは花と苞葉(つぼみと葉っぱが一緒についている)、
ウッドはそれこそ木質部なのだけど、薬効も違うそうで
フラワーは、鎮静、安眠、ダイエットに
ウッドの方は、利尿作用があるのでむくみなどにいいとされている。


このリンデンという名前はドイツ語で本当はリンデンバウムという。
ベルリンのウンター・デン・リンデンという大通りの名前が有名。
街路樹にも植えられたこの木は自由の象徴の木なのだそう。
学名はティリア。アメリカ産のハーブティーだと、よくこの名前が使われる。
フランスでもハーブとして多用されていていて名前はティユールとなる。
街路樹として、街中でよく見かけられるし、お城の周りまで菩提樹尽しだったりする。
フォンテーヌブローやヴェルサイユ城のまわりの木はぜんぶティユールでした。
はちみつも採れます♪
建築や彫刻の材料ともなるそうで、かなり有用な樹ですね。

「パルファンさとりの香り紀行」さんより
気になっていた"調香師のオルガン台"の記事もありました。ホワワ〜。
「私の楽器 調香オルガン台」

Hordeum jubatum?

香りの好みについてのメモ。
香りの世界ってフェティシズムだと思ってたんだけど
私の場合お香とたべものに偏りすぎてるなあ。食いしん坊ですからね。

好きな匂い

炭点前で使う練香と香木
ウッディー系のエッセンシャルオイル 特にフランキンセンス
バラの深い香り
梅の香り
セロリ、みつば、貝割大根、シソとかクレソン、香味野菜
最近はまってるのはエルブ・ド・プロヴァンス。
黒胡椒
アメリカンレッドシダー(靴とかの防虫剤)を紙やすりでこする匂い
マッチを燃すときの燐の匂い
革製品のお店の匂い
レモンよりライム
コーラの香り(って実はナツメグ、シナモン、ライムなどが入ってるらしい)
オレンジのビターな香り
香水だとどちらかというとメンズっぽい香り
ロクシタンのバーベナ
オリジンズのジンジャーセンシャスセント
武蔵野ワークスさんの白檀シリーズ、睡蓮、ベチバー等
ロールオン系のハーバル香水 カモミールとかやさしいもの
サンタマリア・ノヴェッラ薬局のポプリ
精油だとよく使うのは、
 ローズマリー、ジュニパーベリー、ベルガモット等


苦手な匂い

甘すぎる香水、
化粧品の粉っぽい香り
フローラル系のお香
インドっぽすぎるやばいお香
タイムやオレガノのエッセンシャルオイル
ベンゾイン
質の悪い合成ジャスミン 
合成いちごと合成めろん
茗荷、フェンネル、パクチー
スイートすぎるオレンジ
苦そうなラベンダー
甘味料入りの煎茶とか抹茶
ブラックミントガム(死にそうに眠たいとき以外噛みたくない)
琺瑯の焼ける匂い
ユニセックスの水っぽい香水 アクア系?

Romeo & Juliet [Blu-ray] [Import]
Romeo & Juliet [Blu-ray] [Import] (JUGEMレビュー »)
Mariinsky Ballet,Gergiev
マリインスキーによる本家ラヴロフスキー版のバレエのロミジュリ。古典だけどさすが音楽が自然に入ってきます。ジュリエットにはヴィシニョーワ。
生命力にあふれてて本当可愛いです。