MOLMOL-BLog

こまごま備忘録です。
主に本のこと、猫のこと、音楽のことなど。さぼりぎみです。

一定期間更新がないため広告を表示しています

街の中もかなり色づいてきましたが
今日はちょこっとドライブして、となり町の八幡さんへ。

ちょうどお宮参りの時期なので
かわいい参拝客がたくさんでした。
ここはすぐそばが自然公園なので、
道路からはすぐなのに山深さが楽しめるスポットです。
神社なのでごはん食べるところがないのがちょっと残念かな〜。


ここは由緒ある神社で、創建は奈良時代、
道鏡事件で和気清麻呂が称徳天皇の怒りを買って九州に配流されたとき、
女官だった姉の広虫も当地に流されて、ここで弟の雪冤を神に祈ったのだとか。



まだまだ紅葉たのしめそうです。
ちょっと間が空いてしまったのですが
備忘録なのでときどき追記しますー。
ドロミテの記事あげたいけど地図のいいのが見つからないよー。



ミラノの泊まってたホテルの近くのミゾーリ駅から。(正面は泊まったとことは違うけどホテルですー)
どこの街もそうだと思うけど、界隈によってかなり雰囲気が違うので
歩いて楽しい街でした。ときどきタクシーや地下鉄を使えば、あとは大概歩けると思います。
ただし、方向音痴にはちょっとつらいですね。道の名前が歩いているとコロコロ変わります。


なかなか楽しいグーグルマップ☆これで相当遊べます。


さて、今日は街歩きの日。
ホテルを出てさっそく道に迷ったので近くにあった教会に入ってみました。



うす暗い!
お祈りをしている方がいたので邪魔にならないように撮りましたが
中は広くてひんやりしてるんですが、無人だったらたぶん怖いです。

あとで調べたところ、
このステファノ教会は、ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァが暗殺された場所として、
そして画家のカラヴァッジョがここで洗礼を受けた記録の残る教会として知られているそうです。
そういえば、ミラノ生まれ!

そのままテクテク歩いて、教えていただいたS.M.パッショーネ教会へ。
このあたりは高級住宅地な雰囲気です。
近くにはヴェルディ音楽院、ミラノ大学もあったりとアカデミックな雰囲気。

奥にみえるのがパショーネ教会のファサードです。
ここから見るとよく分からないけれど、入ってみるとかなり大きな教会です。
なんでもミラノで2番目に大きな教会なんだそう。


美しい双子オルガン。
ルネッサンスの時代のアンティニャーティというビルダーのものらしいのですが
この教会自体はかなりバロックな様式が目立つのでなんだか不思議な感じがするけど
素敵な雰囲気ですよね。ケースも美しいー。

マショーニオルガンによって修復されて今は音も聞けるみたいなのでぜひ聞いて見たいです。
教会とオルガンの修復についてのページ見つけました。写真もきれいー。まだ全部読んでないけど・・・⇒

バロックな中央祭壇の天井画はPanfilo Nuvoloneという画家のもの。


教会の隣にはヴェルディ音楽院。
たくさんの学生さんたちがそれぞれの楽器を抱えて入っていきます。

私と、スイスからいらしたIdaさんのアルベルゴ(お宿)、その名も"鹿"。
中も、(食堂にも)鹿だらけでなかなかワイルドですが、
リノベーションしたばかりということでとても綺麗で過ごしやすかったです。
エンガディンに住んでいるというIdaさん。家の窓から鹿の姿が見えるんだそうですよ。
綺麗なところなんだろうな。(セガンティーニの絵を思い浮かべながら)


日本のスキーチームも合宿で泊まったことがあるみたい。
エレベーターホールの前の目立つところに飾ってありました♪
そして、裏手も。やっぱり薪が几帳面だった。


そしてここ、お祭りの夜はとんでもないことに・・・。
ホテルの真ん前にDJが居て入れない。

どこからこんなに人が。夏の間は毎週のようにお祭りしてるそうですよ。


村の広場の朝市にて。
野菜より果物のウエイト高いのかな?? 左の見えないあたりは野菜だと思いますが
どこのホテルでも朝ごはんに全くといっていいほど野菜が出てこないー。ちょっと野菜不足です。


木彫りが盛んというこの村。目抜き通りの木彫職人さんのお店にて。

キリスト教の作品もたくさんー。
中にはリーメンシュナイダーのコピーなんていう大作もありました!(cf.聖血の祭壇inローテンブルク)

私が店内にいるときにも地元の方が聖家族の木彫りの修復の依頼にきていました。
素敵だった♪
この村は木彫りのプレゼピオ(クリスマスの馬小屋の飾り)の本場らしいです。
私も小さいのでいいからフルセットで欲しい――
けど、けっこう高いので私のオルガンの先生(牛好き)に牛だけお土産にしてみました。



見晴らしポイント(命名?)からの別写真。
谷の底をゆく川はアヴィーシオ川。やがてアディジェ川に合流してアドリア海に到達する。

山々にいだかれたフィエンメ渓谷の村―。
意外と(失礼)開けていて、人口も3000人ほど。
BSの「イタリアの小さな村の物語」のコンセプトからはちょっと離れてしまうみたい。。
虹がかかっているの、わかるでしょうか。


村をてくてく。
じつはそんなに観光してないのですがそれでも6泊したので朝な夕なにお散歩。


きれいな墓地・・・。うちの墓参りにもいかなきゃ・・・。

村の教会の壁画。





街角のマリア様がすきです。


近隣の村にも壁画のある家が多くてすごく可愛いです。
チロルやここトレンティーノの特徴なんでしょうね。


実は私、このあたりの人々の几帳面さにはびっくり。
お店の朝も早いし(7時30分とか…8時30分とか)、時間もキッチリ。
ほんとにイタリア人・・・? 薪を積むにもこのとおりです。

このあたりは昔はオーストリア領。
イタリアにあってイタリアでないなんて話もききますが、歴史的にはとても複雑。
駅の標識などもイタリア語ドイツ語の二重表記になっています。不思議なのは、
同じトレンティーノ・アルト・アディジェ州でもこの村のあたりはイタリア語圏なんだけど、
北部に行くとはっきりドイツ語圏になったこと。(下図参照)
あと、ロマンス語のひとつ・ラディン語を話す人たちもいる。





山小屋ふう・・・とはいっても立派なお家だよね。


高台には空と同じ色の小学校。子どもたちも大勢遊んでましたよ〜。
新築や建設中の家も多くて、日本の田舎からするとうらやましい感じです。
今回の空の玄関口、ミラノの駅前ホテルにて。
綺麗な駅は部屋からの眺めがよくて楽しく過ごしていました。
ムッソリーニの肝入りの豪華な駅舎は見応えあり。
夕飯つきのホテルでびっくり。チェックインが遅かったので有り難い。
無国籍気味な料理で美味しかったです。私はサラダみたいなピラフをもぐもぐほっぺ

うまく撮れないー

お天気大丈夫かなー。
こちらではお天気お兄さんは軍人さん・・・?まあ気象は軍事情報ですしね。

朝は謎のリンゴちゃんりんごもお掃除してもらっています。



スター・オン・アイスみたいなショウの案内。すごく豪華ね。
これは10月の7/8日両日に開催されるって意味なのかな。
スケートのコストナー選手は、そういえばこれから行くトレンティーノ・アルト・アディジェ州の出身らしいです♪


とても大ざっぱな地図ですが…

今いるのが左上のミラノ。
ゴシックな大聖堂のうしろに白地に青のサッカーボールみたいなのがくっついています。
これから行くのは北東方面の、山ですね!(大丈夫なのか私…)



そして ―早速イタリアの洗礼を受けました。
私たちの便(だけ!)遅れてるーー。
トリノ発ヴェネツィア行きのユーロシティという特急だったのですが
日本でいえば、こだまみたいな感じかな?こまちとか??
結局35分遅れで途中の乗り継ぎもあって
村への到着は予定から3時間くらい遅くなってしまったのでした。
でもほかのアカデミーの方たちと車内でお会いできて、良かったです。

北イタリアの村と大都会からただいまです。
お天気にも恵まれて、とても綺麗なところでしたよー。

村からすぐのところにもドロミテ山塊。


せっかくのドロミテなので一日だけ山歩き体験。
牛さんとのふれあいが心に残ります〜。
お天気がよかったのでローゼンガルテンがよく見えました。

え・・・オルガン?オルガンも頑張りましたよ・・うん勿論。
少しずつupしていくのでよろしくお願いします。


 ――と、すっかりふて寝のランちゃん。

そういえば私ランちゃんが来てからあんまり遠出していなかったっけ。
地元のあじさい寺に行ってきました〜









今年のさくらはあっという間でしたね。
ゆっくり見られたのはとなり町の山奥のシャングリラ。
ここ数年毎年お邪魔させていただいています〜さくらが、
道のヘアピンカーブがすごいので自分では運転できません・・・。


少し遅めにしだれ桜が咲きます。
丁度行った日に桜まつりがひらかれていて、地元の方に伺うと
今年は濃い目に咲いたんじゃないかなと。
しっかり花冷えしていたから、その加減なのかなあ。


冬からこちら、身内に病人が多くて
なんだか落ち着かない日々でした。
私もあちこちに不義理をしていますが
季節を大事に、お手紙かきたいです。

(だいぶたつけど、続き)
有松のお祭りのあと名鉄を乗り換えて常滑に。
むしろ空港が近い。

常滑の町も窯の跡や招き猫など見どころがあるのですが
今回はINAXのミュージアムに。
特別展はベンガラとマカオのタイル。
パネル展なのはちょっとガックリきましたが、
お目あてのタイルのコレクションは見応えのあるものでした。
トイレの展示も面白かったですが、御写真は載せないでおきましょうか。

ゆったりとしたミュージアム自体が素敵です。
昔の工場の展示、明治〜大正昭和の建物のテラコッタの遺構の屋外展示が面白い。
土曜だったので家族連れのかたは光る泥団子を一生懸命つくってました。



***
名古屋駅から近くてびっくりするノリタケのミュージアムにも足を伸ばしてみました。

人工的ではありますが川がひかれて、さながら都会のオアシス。

ミュージアムではノリタケの磁器の職人さんの実演、
かつて欧米向けに輸出され絶大な人気をほこった"オールドノリタケ"などのアンティークの
充実の展示をみることができます。ミュージアムもブティックも外国からのお客さんがとても多かった。

家庭用にたくさんつくられたディナーセットなどのコーナーでは、
「うちにあるのはこれ」「伯母さんちのはこれ」などの歓声が飛び交います。
満を持してブティックへ・・・と行きたいところですが、
オールドノリタケを見た後だと目が肥えちゃってます。
でも日頃デパートなどではみないものもありましたよ。
テーブルセッティングはさすが。(※写真は撮れません)

さて。猫ちゃんズへのお土産(?)はアウトレットのお皿ですよー。
スリランカ製のボーンチャイナでした。うめとさくらが可愛いです。


これは後日焼き上げて送られてきた絵付け体験のお皿です。わー・・・。
塗る色と仕上がりの色が全然違うのがあるし、(色見本を見ながらの作業です)
思うようにいかないのでなかなか大変でした。
花芯はちょっと厚塗りしすぎた…でもまあまあ可愛くできたかな。
なにげにこれもボーンチャイナなんですよー。
Romeo & Juliet [Blu-ray] [Import]
Romeo & Juliet [Blu-ray] [Import] (JUGEMレビュー »)
Mariinsky Ballet,Gergiev
マリインスキーによる本家ラヴロフスキー版のバレエのロミジュリ。古典だけどさすが音楽が自然に入ってきます。ジュリエットにはヴィシニョーワ。
生命力にあふれてて本当可愛いです。