MOLMOL-BLog

こまごま備忘録です。
主に本のこと、猫のこと、音楽のことなど。さぼりぎみです。
<<prev entry | main | next entry>>

一定期間更新がないため広告を表示しています

プレダッツォの教会にて。
ここも谷では大きな村で、wiki情報だと面積はダントツだし人口も一番多いのかな。

オルガンはというと・・・祭壇の奥にあるのですが写真とっても撮りづらい。
祭壇は石で出来てるので一歩も動けないんだそうなのです。
こちらの教会は文化財でいっぱいなので、オルガンをつくるにも制約が沢山ありそう〜。
私たちも石の間に挟まれながら(ときどき体をぶつけながら)のレッスンとなりましたが、
そんな制約をものともしない、豊かな音色のロマン派オルガンでした。
全体像が撮れないのですが、こちらもZeniさんの工房のオルガン。

ふだん、違うタイプのオルガンを触るということがないのですが、
こうしていろんな楽器を弾くと、
それぞれのオルガンには固有の音色と、それぞれのはっきりした特徴と様式があって、
弾きやすい曲・弾きづらい曲がおのずと決まってくる…というのがすとんと理解できます。
同じビルダーさんの手になるオルガン(ひとつは修復ですが)でこうなのですから、
世の中にはもちろん数多の楽器があるわけで。一台一台個性が違うのです。
どんな楽器でも特性を生かして素敵な演奏のできるオルガニストは本当すごいです。
(私のオルガンの先生はコンサートの前に2時間練習の時間をもらうそうなのですが、2時間て・・・。)


ちょっといろんなもの置きすぎの祭壇。
今年はカトリックの"いつくしみの特別聖年"にあたるみたいで、
ヴァチカンへの巡礼者も多く、聖ピエトロ大聖堂では聖なる扉が特別に開いているそうですよ。

♪本日の曲 Choral in B minor, FWV 39(Trois chorals pour orgue) /César Franck[1822-1890]
夏の発表会で弾いた曲だったのですが(ホールの使用に制限時間があってだいぶ抜粋した)
しばらく燃え尽きてたせいか少しの間に弾けなくなってる・・・!という出来だったんだけどネコ
ストップも多いし、残響も長くて(もうちょっと弾けたら)恰好いいだろうなあ〜と思いました。レガートはもっと勉強したいですね。



オルガンの箱の脇が格子になってて、内部がこっそりのぞけます。



教会の後部にあるこちらは古いオルガン。いまは音が出ないのだそう。


プレダッツォの街角にて。ベランダにぎっしりの花はなんだろう・・・?菊?
外国では最近よく菊がハンギングになってたりします。

Comments:

Leave a comment:










Romeo & Juliet [Blu-ray] [Import]
Romeo & Juliet [Blu-ray] [Import] (JUGEMレビュー »)
Mariinsky Ballet,Gergiev
マリインスキーによる本家ラヴロフスキー版のバレエのロミジュリ。古典だけどさすが音楽が自然に入ってきます。ジュリエットにはヴィシニョーワ。
生命力にあふれてて本当可愛いです。