MOLMOL-BLog

こまごま備忘録です。
主に本のこと、猫のこと、音楽のことなど。さぼりぎみです。
<<prev entry | main | next entry>>

一定期間更新がないため広告を表示しています


★スカラ座のチケットの購入方法について★
日本の領事館がまとめてくださっている(※該当ページ)のと
スカラ座のホームページが参考になります。
でもチケットオフィスの開店時間など兎に角変更が多いのでかならず確認のこと。
私も最終的にはチケットオフィスの貼り紙とにらめっこしていました。

私は今回は、
★アカデミー公演のオペラは事前にインターネットで購入
 →ひと月以上前だったので普通郵便(…)でチケットが自宅に送られてくる
★バイエルンの客演は当日の開演1時間前にopenする劇場脇の奥のチケットオフィスで割引購入
のパターンでした。今回はこれでokだったのですが、オペラのシーズンに入ったらこんな買い方はできなくて、代理店のお世話にならないと手に入れづらいのかも。
しかし、海外のチケットってわりと購入しやすい気がしますー。
ネットで座席を選んで、買う。それだけのことが日本ではなぜできぬー。
いまでは日本でもできるホールも増えてきましたが、
それでもわかりにくいシステムがまだまだ多くて。日本のチケットの仕組みが私、一番分からないです…(´;ω;`)


開場前のディスカウントと天井桟敷の席の売り方がちょっとスゴイ・・・。
しかも値段はでたらめのような値段になるのだ!
正規で買う気がしなくなるかもしれませんが、
たくさんの空席に囲まれるくらいなら、私はアリだと思っています。
(海外の劇場の天井桟敷やボックス席のうしろのほうは、
場所によっては本当になんにもみえないので正規には確かに売ることができないという事情もあります)


※スカラ座の当日売り天井桟敷券について
・エクスペディアの記事
・アダム・フィッシャーのおっかけ氏の記事(新しい記事だし分かりやすい〜)
・のびこさんの体験記
・ヘラヤガラさんの体験記(詳しいです)

バイエルンのチケット、私は持ってなかったので並ぶのもちょっと考えたのですが
(楽しそうだし…)美術館や教会にも行きたかったので今回は割引販売のチケットにしました。
それに私が最後にネットで見た時点で8割がた空席というガラガラ具合だったんです。
(結果非常にいい席だったのでそれで正解でした。客入りもほぼ満席になってましたよ!どうなってるんだろうー)

でも、天井桟敷席販売のことがちょっと気になったので5時頃現地に行ってみたんですね。
そしたら、やってる、やってる・・・!と見物してるだけで楽しかったです。
名物の老婦人、ちょっと足を悪くされているようでしたがその傍らには男性がお手伝いしてましたよ。


―リストに名前を書いた人とのチケットの受け渡しが大方おわったあとのやりとり―
(私がかろうじてちょっと聞きとれるのは英語だけなので、以下かなり推測)

ドイツ語?の外国人 「?※*〜#※&%$$(ドイツ語)」
おばあちゃん 「ノー!イタリア語と英語しかダメよ」
(平たい顔族) 「・・・(今日はドイツのオケなのに)

旅行者っぽい男性(英語) 「並んでないんだけど、チケットほしいんだけど」
おばあちゃん 「この席はあんまりよく見えない席なの。
 スカラ座を楽しみたいんだったら、おすすめしないわ(キッパリ)
(平たい顔族) 「・・・。」


あらゆる意味でここはイタリアだなあーと思わせられますが
こんなアナログなやり方きらいではありません。


チケット購入にまつわるいろんな話を聞くのも楽しいですよね。
こんなコラムを見つけました。少し昔の話です。
欧州の劇場で見た、紳士たちの壮絶な席取り合戦

Comments:

Leave a comment:










Romeo & Juliet [Blu-ray] [Import]
Romeo & Juliet [Blu-ray] [Import] (JUGEMレビュー »)
Mariinsky Ballet,Gergiev
マリインスキーによる本家ラヴロフスキー版のバレエのロミジュリ。古典だけどさすが音楽が自然に入ってきます。ジュリエットにはヴィシニョーワ。
生命力にあふれてて本当可愛いです。