MOLMOL-BLog

こまごま備忘録です。
主に本のこと、猫のこと、音楽のことなど。さぼりぎみです。
<<prev entry | main | next entry>>

一定期間更新がないため広告を表示しています


スカラ座のアカデミー公演(もちろん教授陣も入るけど)の『魔笛』を観てきました〜。
学生公演ということで、服装などはあんまり頑張らなくてもいいかな、
と思ってたんだけど・・・結果、いったんホテルに戻って一応着替えてきてよかったです。
まあ服装に関しては、こうでなきゃというよりも、文化としてめかし込んで楽しもうというのがありますよね。
スカラ座はちょっと(かなり?)気合入れたほうがいいみたいでした〜。ウォッチするほうとしては楽しいですけどね。


指揮は私もすきなアダム・フィッシャー★
学生オケということであれれ?みたいなこともたくさんあるけど、
コーラスも含め、いい舞台にしようという特別なパワーがあって
楽しい一夜だった。ソリストたちも目茶苦茶若くて3侍女さんたちもピチピチしててすごく可愛い。
さすがに、パミーナ役のファーティマ・サイードさんはひときわキラッキラ☆していました。
鳥男パパゲーノも会場の皆さんから愛されてました〜(おいしい役ですよね)。それにいい声。
何回見てもいまだに話のよく分からない魔笛ですが、
モーツァルトの生き生きした音楽と濃いいキャラクターたちと破天荒な展開が
ぐいぐいと聴衆を引っ張っていってくれます。


二枚の写真は公式から。



夜 帰り際に見たドゥオモ。
てっぺんで星みたいにひかってるのは黄金のマリア像。

じつはこの時点でまだかなりの人出があるのですが、
日がとっぷり暮れてるので足早に帰りました〜。
(8時に開演、よるの11時半に終わりました・・・魔笛ってこんなに長かった?)

夜の観劇するときにはお宿は劇場の近くだと便利ですね。

Comments:

Leave a comment:










Romeo & Juliet [Blu-ray] [Import]
Romeo & Juliet [Blu-ray] [Import] (JUGEMレビュー »)
Mariinsky Ballet,Gergiev
マリインスキーによる本家ラヴロフスキー版のバレエのロミジュリ。古典だけどさすが音楽が自然に入ってきます。ジュリエットにはヴィシニョーワ。
生命力にあふれてて本当可愛いです。