MOLMOL-BLog

こまごま備忘録です。
主に本のこと、猫のこと、音楽のことなど。さぼりぎみです。
<<prev entry | main | next entry>>
邸宅美術館に目がありませんで
いそいそ出かけたポルディ・ペッツォーリ美術館。
国立の美術館と休日がずれてるのも有り難い感じです。
ボッティチェッリにフランチェスカ…と個人美術館としては破格の収蔵品。
近年日本にきてる絵も多いです〜。


まずはポッライウォーロの横顔の貴婦人。


以前こんな展覧会もあったそう。ポッライウォーロの美人たち勢ぞろい〜。
展覧会のことはcucciolaさんのブログにくわしいです。

この邸宅、なんとこのキラキラの書斎の部屋キラほしを除いては
さきの大戦で半壊状態になってしまって長く修復されていたそうです。

絵画や時計(のコレクションもすごかった)などのコレクションについては
疎開していたために無事だったそうです。
ミラノの街を歩いていると、ローマ遺跡、ロマネスクからムッソリーニのファシズム建築から
もうまぜこぜなのですが、近年作られたような擬古的な様式がとても多いのには
いろいろな理由があるのかもしれません。


今年日本にも来てた「書物の聖母」。これはテンペラ画
ボッティチェッリの画面って本当〜に綺麗。
私も絵画の人物の顔立ちでいうと、リッピ親子とボッティチェッリの描く顔立ちが
いちばん好みかも。なにせ少女漫画と美少年に目がありませんからね!(―っていばってどうする)


これはフィレンツェにあるフィリッポ・リッピの絵より。
なんという美少女でしょうー。

Comments:

Leave a comment: